建売住宅と注文住宅の特徴の違い

  • 建売住宅と注文住宅の特徴の違い

    • 住宅の購入には、建売住宅と注文住宅があってお互いに特徴が対照的なものと言えます。



      注文住宅のメリットとしては、建て主の要望を取り入れることが可能な物件になりますので、建て主が選んだ土地に好きなデザインの建物を建てることができる点になります。
      建売住宅のメリットは安価な値段で購入が可能ですし、購入してからすぐに住める点を挙げることができます。



      注文住宅では好きな土地に住宅を建てることが可能な点がメリットとしてあるわけですが、希望通りの土地を見つけることは大変な労力が必要になります。



      苦労して土地探しを行ったにも関わらず、理想としている土地を見つけることができないケースもあります。


      注文住宅の場合には、法律上の制約にひっかかることなく、予算が許す範囲内であればどのようなものでも建てることが可能です。



      趣味のための住宅や、ライフスタイルに合わせた形、デザイン性に凝った住宅など様々な選択肢があります。

      価格の面で考えると建売住宅のほうが安く建てることが可能で、注文住宅の場合にはどうしても費用がかかってしまいます。



      建売住宅では購入してから住むまでに時間がかかることはありませんが、注文したときには建てる作業から行うものとなりますので、購入の手続きを完了してから最短でも9か月ほどの期間がかかります。長く建設に時間がかかるものであれば、2年近くかかったケースもありますので、事前に計画を立てて仮住まいの用意も必要になります。



  • 関連リンク

    • 注文住宅の建設を考えたときに、どれぐらいの費用がかかるものなのか気になるポイントだと思います。注文住宅を建てるときに必要になる工事費は、施工面積によって影響を受けます。...

    • 注文住宅を購入したときの支払いの仕方は、工事の出来高に応じて支払っていく方法が多いと言えます。最も多い支払い方法としては、工事の着工時に3分の1の料金、中間時に3分の1の料金、完成して引き渡しを行うときに残りの3分の1のような分類の仕方で支払う設定になっていることが多いです。...